ホーム » CTの基礎 » CTの進化論 » ノンヘリカルCTとヘリカルCT

CTの基礎

ノンヘリカルCTとヘリカルCT

ここがポイント

スリップリングによって、現在の医科用CTはヘリカルCTとなる。

ボトム

 Hounsfield(ハンスフィールド、ハウンズフィールド)によって発明された当初のCT装置は、患者さんの周りを管球が1周回転してCT撮影を行い、続いて患者さんの横たわる寝台(参照:医科用CTの構成)を少しずらして再び管球が1周回転する撮影方法が採用されていました。また、管球や検出器は導線につながっているために配線が絡みにくいように、CT撮影の回転方向を正→逆→正→逆・・・と交互に変えていたそうです。この方式によるCT装置を「ノンヘリカルCT」、別名従来型ということで「コンベンショナルCT」と呼ばれています。

 しかし、それでは撮影効率が悪いので、医科用CTがハンスフィールドによって発明されてから20年弱が経った1990年頃、管球が連続して回転できる「ヘリカルCT」(別名、「スパイラルCT」や「螺旋CT」と呼ばれる)が出現しました。

ノンヘリカルCTの模式図   ヘリカルCTの模式図
図1:ノンヘリカルCTの模式図   図2:ヘリカルCTの模式図

(東芝メディカルシステムズ様ご提供資料より改変)

 

 ヘリカルCTの登場に大きく貢献したのが、「スリップリング」です。スリップリングは導線の代わりに金属と金属が接触して通電できる電車のパンタグラフのような部材によって、連続回転が可能となりました。

スリップリングの模式図
図3:スリップリングの模式図
(辻岡勝美:CT自由自在,P13より改変引用)
言い方の違い(スキャン方式)

 特にどこかに決まった用語集がある訳ではないので、CTに関連する言い方はメーカーごとにまちまちのようです。クルクルと無限に管球と検出器が回転するCT撮影のことを東芝社、GE社では「ヘリカルスキャン」、シーメンス社では「スパイラルスキャン」、日立社では「ボリュームスキャン」と呼ぶそうです。
参考) 井田義広: メーカー別用語集, 藤田CT研究会

CALL 光・レーザー臨床研究会

 
ページの先頭へ