ホーム » CTの基礎 » CT値 » CT値の単位はHU

CTの基礎

CT値の単位はHU

ここがポイント

CT値は発明者の名前にちなんでハンスフィールドユニットともいい、単位はHU。

ボトム

 CT装置の発明者は図1のGodfrey Newbold Hounsfield(1919年~2004年)であるが、「CT値(CT number)」はその発明者の名前にちなんで「ハンスフィールドユニット(Hounsfield Unit)」または「ハンスフィールドナンバー(Hounsfield number)」と呼ばれています。また、CT値の単位はハンスフィールドユニットを略して「HU」で表します。

ハンスフィールド博士
図1 ハンスフィールド博士とEMIスキャナー(写真は東芝メディカルシステムズ社様のご厚意による)
初期のCT

 EMI社に勤めていたハンスフィールドによってCTは発明された。そのため、図1をよく見ると上に装置名として「EMI SCANNER(エミー・スキャナー)」と書かれています。ガントリの穴のサイズは小さく、当時は動きの少ない頭(脳)しか撮影しませんでした。また、その撮影時間は10分以上かかっていたそうです。

 

日本で初めてのCT画像 図2 1975年、東京女子医大に日本で初めて設置されたCT装置による初めての患者さんのCT画像。6つの脳腫瘍が検出されたそうです。
EMIのCT導入余話- 日本画像医療システム工業会より引用)

CALL 光・レーザー臨床研究会

 
ページの先頭へ