ホーム » CTの基礎 » 歯科用CT » 連続X線とパルスX線

CTの基礎

連続X線とパルスX線

ここがポイント

360度連続でX線を照射するのを「連続X線」。断続的なX線の照射を「パルスX線」という。

ボトム

 管球が1周する間に、X線を連続して照射することを「連続X線」といい、断続的に照射したりしなかったりすることを「パルスX線」といいます。

 歯科用CTでは機種によって「連続X線」を採用しているものと、「パルスX線」を採用しているものがあります。しかし医科用CTにおいては、今では管球の回転が速すぎるので「パルスX線」採用している装置はありません。

連続X線

パルスX線

連続X線 パルスX線

 

 

連続X線 パルスX線

 「パルスX線」と「連続X線」を比較すると、「パルスX線」の方が照射時間が短いため低被曝といえます。しかし、そもそも「管電流」「管電圧」「撮影範囲」「撮影時間」を総合的に見ると医科用CTに比べて歯科用CTは被曝量が少ないために、「パルスX線」でも「連続X線」でも基本的にはどちらも低被曝と考えられます。

CALL 光・レーザー臨床研究会

 
ページの先頭へ