ホーム » CTの基礎 » 歯科用CT » 歯科で必要な有効視野(FOV)は?

CTの基礎

歯科で必要な有効視野(FOV)は?

ここがポイント

医科用CTでは頭全体を含むように大きく撮影して、再構成範囲を16cmに絞る。
歯科用CTでは撮影目的とコスト(検出器が大きいと高額)を天秤にかけて、8cm、10cm、14~16cmで撮影する装置が存在する。

ボトム

 CT撮影後に「見る範囲」のこと、すなわち「有効視野」のことを「FOV(Field of view)」といいます。

 

■ 医科用CT:
 医科用CT装置(全身用CT装置)は、歯科に特化した装置ではありません。そのため、医科用CT装置でインプラント治療を目的としたCT撮影を行う場合には、まず頭全体をCT撮影して(直径約25cm)、その後顎骨に絞り込んでFOVが直径約16cmとなるように「拡大再構成」を行います(詳しくは十河が起業した株式会社アイキャットの「CT撮影条件」をご参照ください)。

撮影視野(FOV) 撮影視野(FOV)
医科用CTでの撮影の範囲(約φ25cm) 拡大再構成後の範囲(約φ16cm)

■ 歯科用CT:
  一方、歯科用CTは歯科に特化したCT装置です。そのため頭全体を撮影するのではなく、顎骨など最初から見たい範囲にFOVを絞って撮影します。歯列全体を診断したい場合には、前歯から左右の7番までを含むように最低でも直径8cmのFOVが必要となります。しかし、8cmのFOVでは下顎8番の水平埋伏歯が切れてしまうことが多いため、十河は「歯科における理想的なFOVは直径10cmだ。」と思っています。また、顎関節を含めた広い範囲を見たい場合には14cm~16cm。さらに、現在の矯正治療ではセファロ撮影が基本ですが、将来セファロの代わりに3次元で矯正診断をする時代になればもっと広いFOVが必要になってくることでしょう。

 
読影範囲
FOVの直径
部分的に見る場合
4cm
歯列全体(7番まで)を見る場合
8cm
水平埋伏歯(8番まで)を見る場合
10cm
顎関節まで見る場合
14~16cm
矯正治療でセファロの代わりに3次元で見る場合(将来?)
それ以上
撮影視野(FOV)
撮影視野(FOV)を示すイメージ図

CALL 光・レーザー臨床研究会

 
ページの先頭へ